アット・ニフティ ロゴ
ドメイン@nifty ドメイン@nifty
ドメイン@niftyDNSホスティング > サービス詳細
ドメイン取得について
サービス詳細
料金
利用規約
ドメイン活用法

サービス紹介
URL転送
LaCoocan連携
ココログドメインマッピング
固定IPサービス連携
ダイナミックDNS
DNSホスティング
法人サービス連携

ドメイン管理 (設定変更/解除)

お問い合わせ
よくある質問

DNSホスティング

サービス概要
DNSホスティングサービスは、より自由度の高いDNSレコードのカスタマイズができるサービスです。
DNSサーバを自分で運用するのと同じように詳細なDNS情報を管理できます。DNSサーバーは@niftyが運用しますので、お客様の運用コストを削減でき、安心してご利用いただけます。

ご利用料金
20レコードにつき 1,000円/月(税抜)

※ 記載の料金はすべて税抜です。別途消費税が掛かります。
※ 最大200レコードまで管理可能です。(20レコード毎に料金が加算されます。)

ご利用手順
Step1 ドメインの準備
DNSホスティングに使用するドメインをご用意ください。他社で取得されたドメインもご利用いただけます。まだドメインを取得されていない方は、本ページ左上のドメイン検索欄からお申し込みください。

※DNSホスティングは、日本語ドメインでのご利用は出来ません。
Step2 DNSホスティングの申し込み
DNSホスティングのページからお申し込みください。管理画面より、DNSの設定を行います。
Step3 ネームサーバーの変更
●「ドメイン@nifty」でドメインを取得された方
   →  DNSホスティングを利用する場合、特に設定は必要ありません。
●他社でドメインを取得された方
●「@nifty ドメイン取得サービス(ソリス株式会社)」でドメインを取得された方
   →  DNSホスティングを利用する場合、ネームサーバーに「ドメイン@nifty標準ネームサーバー」を設定する必要があります。ドメインを取得した事業者に変更の申請を行ってください。
     ※設定が必要な場合の詳細は、ネームサーバーについてをご覧ください。
DNSホスティングへ戻る

サービス詳細
●使用できるレコードについて
   DNSホスティングで使用できるレコードは以下となります。
レコードタイプ 意味
A ホスト名(※1)とIPv4アドレス(※2)を結び付けます。
AAAA ホスト名とIPv6アドレス(※3)を結び付けます。
CNAME ホスト名にエイリアス(別名)を設定します。
MX メールサーバを設定します。
メールサーバには優先順位を付けることができます。値が小さいほど優先順位が高くなります。
TXT ホストやドメインに関連したテキスト情報を設定します。メール送信のドメイン認証の仕組みなどに利用されています。
SRV ホストやドメインに対する各種サービスの名前解決をおこなうための設定をします。
※1 ホスト名:運用サーバの名前となるものです(例:www.nifty.com)
※2 IPv4アドレス:運用サーバの住所に当たるもので、0〜255の数字を4つ並べた形であらわされます(例:210.131.5.21)
※3 IPv6アドレス:IPv4の次世代規格で、0000〜ffffであらわされた文字列を8つ並べた形で表されます(例:2001:0200:0000:8002:0203:47ff:fea5:3085)
●入力例
   各レコードの入力例です。
レコードタイプ 入力例
A
  • http://www.nifty.com を、IPアドレスが210.131.5.21のサーバで公開したい場合
  • Aレコード入力例
  • http://www.sub.nifty.com を、IPアドレスが210.131.5.21のサーバで公開したい場合
  • Aレコード入力例
  • http://nifty.com を、IPアドレスが210.131.5.21のサーバで公開したい場合
    ホスト名に「@」を入れます
  • Aレコード入力例
    AAAA 書き方についてはAレコードと同様で、valueにIPv6の値を入力します。
    AAAAレコード入力例
    CNAME
  • http://blog.nifty.com へアクセスしても http://www.nifty.com につながるようにしたい場合
  • CNAMEレコード入力例
    MX
  • 使用したいメールアドレスが<任意のアドレス>@nifty.com で、メールサーバのホスト名がmail.nifty.comの場合
  • MXレコード入力例
      valueはmailだけに省略することも可能です
      同じ優先順位のレコードを複数設定することも可能です
    SRV
  • 各種サービスに対してそのサービスを提供するホスト名とそれに関する情報を指定します。 サービス名と及びプロトコルをホスト名に入力します。
  • SRVレコード入力例
      使用したいサービスがftpの場合、VALUEにftpで使用するWeight・Port・Targetを入力します。
      (例)_ftp._tcp.nifty.com SRV 0 21 ftp.nifty.com
    ●入力制限について
       各レコードの入力可能な文字は以下の通りです。
    レコードタイプ ホスト名 Value
    A ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)、ワイルドカード(*)、アットマーク(@)
    ・1〜63文字
    ・半角数字(0〜9)
    ・各桁の範囲が0〜255まで
    AAAA ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)、ワイルドカード(*)、アットマーク(@)
    ・1〜63文字
    ・半角英数字(a〜f、0〜9)
    ・各桁の範囲が0〜ffffまで
    CNAME ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)、ワイルドカード(*)
    ・1〜63文字
    ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)
    ・1〜127文字
    MX ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)、アットマーク(@)
    ・1〜63文字
    ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)
    ・1〜127文字
    優先順位は0〜65535の数字(整数)
    TXT ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)、アットマーク(@)
    ・1〜63文字
    ・半角英数字(a〜zA〜Z、0〜9)、半角スペース、ダブルクォーテーション(")以外の記号
    ・1〜126文字
    SRV ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)、ワイルドカード(*)、アンダーバー(_)
    ・1〜63文字
    Weightは0〜65535の数字(整数)
    Portは0〜65535の数字(整数)
    Target
    ・1〜127文字
    ・半角英数字(a〜z、0〜9)、ドット(.)、ハイフン(-)、ワイルドカード(*)、アットマーク(@) 優先度は0〜65535の数字(整数)
    ●DNSレコードのルールについて
       以下のようなDNSレコードの記述は禁止いたします。
  • ドメイン管理機関(レジストリ)により公式に登録されていないドメイン名に基づくレコード。
  • 許可または承諾を得ていない、第三者が登録したドメイン名またはIPアドレス空間に基づくレコード。
  • RFC3330で規定するアドレス管理機関により公式に登録が許可されていないIPアドレス。
  • 予約済みのIPアドレス。
  • IPv4アドレスの記述ルール(「*.*.*.*」の形式)に反する記述レコード。
  • F.Q.D.N.の形態になっていないレコード。
  • ドット(.)、ハイフン(-)を開始文字として使用するレコード。
  • 連携サービスで使用中のホストに対するレコード。

  • アット・ニフティトップページへ copyright